チャットレディになるには登録が必要!手順や用意するものは?

チャットレディは無料で始められる副業として人気ですが、報酬を得るためにはまず会員登録が必要です。

手順は簡単ですが、前もって頭に入っていた方がスムーズに手続きを進められますよね。

通勤型と在宅型では登録方法が違うのか?
登録時には何が必要になるのか?

など、事前に知っておきたいポイントについても解説していきます♪

チャットレディになる方法は2つ

スマホを持つ女性の手
チャットレディのお仕事内容は、スマートフォンやパソコンの画面(カメラ)を通して男性とお喋りすることです。
働くためには公的機関に営業許可をもらっているサービスに登録しなければいけません。

働き方は大きく分けて2つあり、店舗に出勤して専用の個室(チャットルーム)で働く通勤型と、自宅などで働く在宅型です。

どちらも高単価なので副業として人気ですが、それぞれ登録方法が違うので、比較してみましょう♪

通勤型は面接審査がほとんど

通勤型チャットレディの場合、面接で容姿を審査されることがあります
そして20代前半までの女性が優遇される傾向もあり、面接で落とされてしまうことだって珍しくありません。

面接は基本的に店舗で行われます。
スタッフからの質問に答えるなど、アルバイトの面接と同じような流れです。

採用が決まれば自分の好きなタイミングで通勤します。

在宅型は面接なしで自由度が高い

近年は通勤型よりも在宅型の方が人気です。

専用のサイトに会員登録するだけなので、手間もかかりません。
面接や書類審査等もなく、身元確認を終えれば即日メールレディとして働けます。

お仕事というよりもSNS感覚で利用できる点が在宅型のメリットです。

通勤型と比べて自分の好きなタイミングで稼げるため、初心者も働きやすいでしょう。

在宅チャットレディになる手順について

チャトレの登録は簡単
自宅で働ける在宅型チャットレディの登録方法は簡単&スムーズ!

まずはスマホやパソコンから求人ページにアクセスします。
「女性会員登録はこちら」などの案内があるので、そこをタップ/クリックしましょう。

仮登録→本登録と進んでいきますが、ここで必要になるのは氏名や年齢、メールアドレスなどの入力です。

必要事項を入力後、本人確認のために身分証の写真を送信します。

運営側から登録完了メールが届いたらOK!
自分の管理ページにアクセスし、プロフィールの編集や日記の投稿などを始めるといいですよ♪

身分証の写真はどのサイトでも必要

本人確認用の身分証は、基本的にどのサイトでも提示するものです。
学生の場合(高校生不可)だと、学生証や住民基本台帳カードなどでも対応できます。

チャットレディは「女性が男性と会話することで報酬を得る」というお仕事です。

性別や年齢を偽ると犯罪に繋がる恐れがあるため、女性側は必ず身元確認が行われます。

ただし確認されるのは氏名と年齢のみなので、住所が記載されている箇所は隠しても問題ありません。

WEBカメラやマイクは買わなくていい

チャットレディは通話機能のみでも働くことができます。
そのためWEBカメラやマイクをわざわざ用意する必要はありません

最近はスマホでチャットレディを始める人が多く、ビデオ通話の場合でもスマホのカメラがあれば十分!
初期費用0円で働けます。

ただ、在宅型チャットレディの一部では、パソコンにWEBカメラを取り付けて働くスタイルもあります。
店舗から機材をレンタルすることがほとんどですが、準備に手間はかかってしまうでしょう。

サイトに登録して働くスタイルなら準備にも手間がかからず、即日働けるので便利です。

登録後にはメールレディとしても稼げる!

チャトレとメルレの兼業
チャットレディとして会員登録したサイトであっても、メール機能を使って稼ぐことは可能です。

メールの受送信でポイントを貯めるメールレディも副業として人気があります。
チャットレディよりも身バレのリスクが低く初心者にオススメです。

時間がある時はがっつりチャット、外出先や通勤中などにはメールで稼ぐなど、その場に応じて働き方を選択すれば賢く稼げます。

メール1通につき50円以上の報酬があるサイトも多いので、登録するなら通話だけでなくメールの報酬にも注目してみるといいですよ。

関連記事

「本業の収入だけでも生活はできるけれど、もう少し余裕が欲しい!」 「在宅ワークって結局時間に縛られそう」 「融通が利く副業がなかなか見つからない・・・」 このような悩みを抱えている女性にはメールレディがおすすめ! メールレディと[…]

メールレディとは